自分でもできる自動車のガラスコーティング

ガラスコーティングは、自動車のコーティングでは最高峰に位置し、専門業者やディーラーなどに施工依頼すると高額になるのが唯一のデメリットとなりますが、自分で施工する場合は僅か数千円程度と手頃な価格で済みます。ガラスコーティングを施工す際、雨や埃などから自動車を守るための密閉したガレージが確保でき、ある程度手先が器用な人向けとなり、ガラスコーティング剤、洗車道具一式、鉄粉除去剤や粘土、シリコンオフや脱脂剤、マスキングテープ、新聞紙などを準備します。施工方法は、まず自動車全体に付着した汚れを徹底的に洗車して落とし、セーム革などで水分を完全に拭き取った後、鉄粉やピッチを鉄粉除去剤や粘土などを使って取り除きます。次に、コーティング剤を定着させて耐久性を上げるために、シリコンオフや脱脂剤を使いボディー全体を脱脂し、脱脂後は再び洗車をして液剤を完全に除去し、水分を完全に拭き取ります。

ガラス面やゴム面、樹脂面など塗装の状態によってコーティングできない場合があるので、コーティングしたくない場所を、新聞紙やマスキングテープなどで覆います。また、種類によってはガラス面やゴム面、樹脂などコーティングできる物のありますので、事前に確認する必要があります。次に、ガラスコーティングを行うのですが、スプレータイプや専用のスポンジに含ませて施工するタイプなどの種類があり、取り扱い説明書に従って作業を進め、硬化時間が経過するまで密閉されたガレージなどに自動車を保管して作業は終了となります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です