自動車のガラスコーティングとガラス系コーティング

自動車のコーティング方法にガラスコーティングとガラス系コーティングがあり、一般的に完全無機がガラスコーティングで、有機が含まれているとガラス系コーティングと分別されていますが、明確な規格が定められていないのが現状で、販売店や施工業者などでは両方の呼び方をする場合があります。しかし、双方では特徴が異なり、ガラスコーティングは、シラン系とシラザン系に分類され、シラン系は艶出し効果が優れていて、シラザン系は自然な艶出し効果に優れていて、どちらもガラスの硬い被膜を自動車のボディーに形成し、油分が非常に少ないのでガラス特有の透明感のある艶出しと光沢が出て、持続効果が1年以上と非常に長く、傷付き防止効果などかあります。また、ボディーの汚れは水洗いで簡単に落とせるので日常的な自動車の手入れは楽になりますが、施工費用が高額になります。ガラス系コーティングは、ガラス繊維の入ったポリマー系と、ガラスコーティングに他成分が入った物の2種類があり、市販されている物はポリマー系が多く、ポリマーは樹脂系なので劣化しやすくボディーへの密着力が高いと劣化した物がボディーに付着している状態なので塗装面に悪影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。

しかし、ポリマー系やフッ素系に比べて持続効果が長く自然な艶出しができ、比較的施工も簡単にできる、些細な汚れは水洗いするだけで簡単に落ちて利便性がありますが、ガラスコーティングと比較すると被膜が柔らかく持続効果も短いので、定期的なメンテナンスが必要になります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です