立体駐車場にした方が良い場合とは

立体駐車場といっても、様々な種類がありますがもしこれから立体駐車場を考えているならばどのような場面で利用したらよいのかを知っておくと良いでしょう。基本的に立体駐車場にする場合には、それなりのお金がかかります。少しお客さんを見込めることができただけでもすぐに立体駐車場にしてしまうと赤字になってしまいかねません。そこで2つのことを理解しておいた方が良いです。

1つは、本当にそれだけの駐車場が必要になるかと言うことになります。もう一つはとても重要で、一体どれぐらいの費用がかかるかです。この2つをよく理解して確実に利益が出ると判断したときに設置に取り組みましょう。まず基本的に、その使用に関してですが20台当たり15、000、000円分位のお金がかかると言われています。

ただし、これは2階建ての建物にした場合であり、通常はそこまでお金がかかりません。例えば、マンションなどにある機械式のものに関しては設置だけで3、000、000円位で済ませることができます。これらをもとに考えていくと、お客さんが一人当たりどれだけのお金を使ってくれるかを考えればわかりやすいでしょう。もちろん最初から十分な潤沢な資金がありそれで駐車場を設置するならば構いません。

しかし、通常はそこまでのお金がなくお店や会社などを立ち上げているため、やはり少し難しいあるいは無理があると思うならば平面の駐車場がコインパーキングを借りて提携するような形の方が良いかもしれません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です