立体駐車場の設置にはいくらお金がかかるか

東京都内や大阪府内の中心部では、なかなか土地がありません。例えばお店を経営する場合にはお店を開けたとしても、自分が駐車場を設置することができないことがほとんどです。つまり、横に敷地を広げようと思っても広げることができないのが現状といえます。そこで都市部においては立体駐車場を対応していることを知っている人も多いはずです。

立体駐車場の特徴の1つは、2階建て以上になっていることです。これは、自走式のものもありますが機械式のものも存在しています。もしある程度大きな面積で立体駐車場を経営したい場合には、自走式の方が理想的と言えるかもしれません。ただ、どれぐらいの費用がかかるか分からないため、なかなか具体的に話が進まない可能性があります。

費用に関しては、それぞれ駐車場の大きさなどによって変わってくるでしょう。一般的に15台位の自動車を駐車することができるならば、10、000、000円程度で建物を作ることができます。15台の場合には、平地にしたほうが良いとの意見もありますがやはり横に広げることができない以上は、2階建てにするしかありません。1階部分に7台位停められるようにして、2階部分にも同じ位自動車を止める面積があれば、ある程度お客さんをお店の中に導くことができるはずです。

しかし、もう少し規模が大きいところならば、ビル形式にした方が良いかもしれません。例えば5階建てのビルにしてそこを全て立体駐車場にしてしまう設計です。この場合1億円位のお金はかかりますが、ある程度たくさんの駐車料金を取れるならばそれでも黒字化する事は不可能ではありません。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です