中古車バイクを購入するならタイヤをしっかりチェック

これから中古車バイクを購入するのであれば、タイヤをしっかりとチェックしておきましょう。タイヤとは前のオーナーがどのような乗り方をしてきたのかがしっかりと記憶されているパーツです。カウルやエアロなどの外装パーツは新品と取り替えたり、ワックスがけをすればある程度の粗は隠すことはできますが、タイヤはなかなかそうはいきません。新品に交換されていた場合は見分けがつきませんが、そうでなければ十分に判断がつきます。

どのように中古車バイクのタイヤを見分けるかと言うと、タイヤの磨り減り方です。車両に跨ってタイヤの右側が磨り減っているか、全体的に均等に磨り減っているかをしっかりとチェックしましょう。全体的に均等に磨り減っている場合は問題ありませんが、タイヤの右側が極端に磨り減っている場合は注意が必要です。道路は雨が降った際に、道路の淵へ水が流れていくように、わずかながら蒲鉾状につくられています。

もしも目に付けた中古車バイクのタイヤの右側が極端に減っている場合は、タイヤの右側により負担をかけた走り方をしているということであり、道路形状と照らし合わせると路側帯の左側を走行していることになります。つまり、よくすり抜け運転をしているということです。こういった運転をするオーナーは車両のメンテナンスを疎かにしがちな傾向にあるため、エンジン内部など見えない部分にガタがきている可能性が高いのです。このように、タイヤ一つとっても、その中古車バイクの状態を確認するには重要なポイントですので、これから中古車バイクを購入するのであれば、しっかりとチェックしておきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です