ショップの見積もりを利用して自作pcを作る

自作pcとは、パソコンを構成しているパーツを選んで、それをもとにパソコンを組み立てることを意味し、パーツを組み立てて販売しているBTOよりも自由度が高く思ったスペックのパソコンを作ることがでるものです。

自作pcを作ることはそれほど難しいものではなく規格通りにパーツを集めれば簡単に組立てることができます。パーツとしては、マザーボード、CPU、メモリー、グラフィックボード、電源、ハードディスクまたはSSD、PCケース、キーボード&マウスといったものです。一方で自作pcで面倒なところはパーツ構成を考え、そこからパーツを集めてこなければならないことです。

値段を気にしなくても良いというのであれば、一つのお店で購入すれば良いですが、少しでも安くしたい場合にはパーツを安い店から探し出す必要があります。このさいに便利なのが見積もり機能です。そのお店で購入しないにしてもショップの見積もり機能を使って、まずはパソコンの構成を決めます。

そこで出された見積もりの値段を元にしてパーツを集めていきます。またたいていの場合には見積もりよりも値段が安くなりますから、買い集めることで費用を節約できます。またオンラインの見積もりサービスではショップからの情報を取得し、希望したパーツを入力するだけで最安値で売られているお店を一括で知ることができるサービスもあり、これらを使えば手間なく格安で自作pcを作り上げることが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *